「お館様をとりまく女性たち」~小和田哲男氏の講演から~

 聞いてくれ。3月18日に小和田哲男先生の講演会に行ってきたのさ。お題は「お館様をとりまく女性たち」だ。もうね、ドキドキワクワクだぜ。  来年はお館様の小牧山築城から450年になるってことで、プレイベントとして「戦国文化祭」ってのをやったのさ。けど小牧市はそげなこと全然宣伝してないんだ。つくづくアピールが下手くそだぜ。  ま、ともか…
コメント:4

続きを読むread more

夢酒、清洲城で「戦国姫隊」に拝謁する②

 落合博満公に会いに岡崎へ行ってたから、間が空いちゃったぜ。清洲城の続きだ。    さて、演舞が終わるとそこらでテキトーに撮影会のような立ち話会のような、結構カオスな状況が発生するのだった。ハードボイルドな夢酒としては、自分からニヤけてすり寄る訳にいかんのが辛いぜ。  とその時、おねさ(←尾張ではこう呼ぶ)がこっちの方へスルスルと…
コメント:4

続きを読むread more

夢酒、岡崎城下で落合講演を聞く(下)

 さて、いつもながらの絶妙トークで聴衆の心を鷲づかみ。岡崎城下を完全制圧した落合監督。全然見ていないと言いながら(笑)、他球団の状況などについて語ります。 ・巨人はラミレス放出と村田獲得でプラマイゼロ。 ・横浜のラミレスは(村田がそうだったように)孤立無援状態になるのではないか。 ・内川はソフトバンクへ行って正解だった…
コメント:12

続きを読むread more

夢酒、岡崎城下で落合講演を聞く(上)

 オレドラさんの速報記事にあった通り、3月11日の日曜日、岡崎市で行われた落合監督の講演会に参加させてもらいましたよ。実は夢酒のところへ来たのは非情の落選通知。そこへ温かい手をさしのべてくれたのがオレドラさんでした。レポート係をやる条件で(笑)  となれば、急きょ清洲城から岡崎城下のせきれいホールに転戦じゃ。  早めに出陣したつ…
コメント:8

続きを読むread more

夢酒、清洲城で「戦国姫隊」に拝謁する①

 3月7日、大事なお仕事で「清須市清洲市民センター」(←ややこしい)を訪れた夢酒は、任務遂行後、担当のお姉さんにハードボイルドタッチで聞いてみるのだった。 「教えてくれ。あそこへ車で行くにはどうしたらいい?」 「あそことはいずこでございましょうか?」 「あそこだがや、あそこ。えーと、ホレ、清洲城やんけ!」(←ト…
コメント:10

続きを読むread more

We'll always have Ochiai Dragons.

「連隊長殿、昨日はどこに?」 「そんな昔のことは覚えていない」 「時間はありますか?」 「そんな先のことは分からない」 「今度はニワカボギーさんですか」 「リックと呼んでくれ。これからはオサレなハードボイルドロマン風で行く」 「慣れないことすると体壊しますよ」 「そろそろイルザが偶然俺の店に入っ…
コメント:4

続きを読むread more

“カサブランカ”名場面集

 えー、このたび当店はダンディでオサレなブログを目指すことにしました。店主の突発的な思いつきではありますが、なんとか長続きするよう精進致す所存でございます。  とりあえず第1弾として、店主がダンディズムの手本とする映画“カサブランカ”から名場面集です。   「昨日はどこに?」   「そんな昔のことは忘れた」 …
コメント:6

続きを読むread more

小牧戦国文化祭の陣触れでござる

まずはこのお触れ書きを見とくれ。 【表】 お、お館様・・・?  なんだか艶っぽい、というか、ひと味違うお館様やんけ。  それもそのはず。この画は愛知県佐久島で活動しておられる美術作家・ふるかはひでたか氏が、月岡芳年の錦絵を継ぎ接ぎして再構成した作品なのであります。(と一番下に書いてある)  月岡芳年といえば、幕…
コメント:4

続きを読むread more

好きにしたらええやんけ

「連隊長殿こんにちは」 「おー、よう来たのワレ。まあ上がって行かんかいワレ」 「落合監督のトークショー以来、全然更新されてないから冬眠されたのかと思いましたよ」 「だってネタがないんだもん。まあ半冬眠てとこやんけワレ」 「キャンプが始まりましたけど」 「キャンプは見に行きません。行く意欲はありません。見たっ…
コメント:6

続きを読むread more

落合博満かく語りき 2012 Final

ここまで、抜けている話がかなりあるとは思いますが、よそ様のブログ等で補完して下さい(汗) なお、言うまでもなく、この記事に関する一切の責任は当店が負うものです。 さて、「あと5分」と言いながら、ここからが本領発揮の落合トークです。 「しゃべるのは楽しいんですよ(笑)」 「勝つということがどれほど大変なことか。それ…
コメント:10

続きを読むread more

落合博満かく語りき 2012 ②

画像もない無愛想記事ですいません。オレドラさんとこに、ディナーの模様やトークショー直前の画像たっぷりですので、併せてご覧下さい。 続きさ行ぐべ。 「勝てるチームになったら、求められるものが変わってきた」 「ファンサービス・・・何故そう言い始めたのか?」 「マスコミの洗脳です。なぜなら視聴率が取れなくなったから…
コメント:4

続きを読むread more

落合博満かく語りき 2012 ①

恒例の食料争奪戦を勝ち抜いて(ワシ、何もしとらんが)、今か今かと落合監督の登場を待つ。すると、 「それでは、応援歌でお迎えしましょう」 MCのお姉さんの声と共に、  ♪三冠落合 広角打法~  レフトへライトへホームラン♪    ※3回ほどくり返し(笑) もうね、会場はいきなり歓喜の渦(笑) 割れんばかりの…
コメント:8

続きを読むread more

連隊長、年頭の所感を述べる

「連隊長殿こんにちは」 「おー、よう来たのワレ。まあ上がって行かんかいワレ」 「連隊長殿におかれましては、61歳のお誕生日おめでとうございます」 「なんだか自作自演臭いが、おおきにやんけ。で、プレゼントはないのかワレ?」 「いい歳こいて何を。落合記念館でお年玉を貰われたばかりじゃないですか」 「ふん、まあえ…
コメント:14

続きを読むread more

落合記念館訪問記2012

 だらだら長いですけど、無理やりお付き合い下さい(笑)  1月2日午前6時ちょい前、愛馬鬼葦毛を駆って夢酒城を出陣。外暗い、さぶい、眠い(笑)  鈴鹿あたりから白々と明るくなる。天気晴朗。愛馬はますます奮い立ち、と言いたいところなれど、8年前買った時に装着したままの古ナビには紀勢自動車道が載っとらん。ナンタラJCTからあれよあれ…
コメント:12

続きを読むread more

夢酒、落合記念館へ行く

1月2日 午前11時15分頃 聖地にて はーるばる来たぜ和歌山~♪ 片道270㎞。紀勢自動車道も載っとらん古ナビを頼りに(爆) 野越え山越え渋滞越え、決死の日帰り巡礼でございました。 監督~、お礼を申し上げに参上しましたよ~(涙) 詳細なご報告はいずれすることとして (たぶん) 持参の…
コメント:10

続きを読むread more

第1回夢酒スポーツ・メディア大賞決まる

 大晦日の本日、思いつきで創設されたばかりの「夢酒スポーツ・メディア大賞」受賞作品が決まった。  これは今年、当夢スポ運動部長が最も秀逸だったと思うスポーツ番組やスポーツ記事を選ぶもので、テレビ部門では12月29日にメ~テレが放送した「SPOKEN!落合博満8年間の真実」(聞き手・佐藤裕二アナ)が、新聞部門では11月21日付け日刊スポ…
コメント:4

続きを読むread more

それは愚論じゃないですか

 今さら何を、の感が大ありではあれど、12月19日の中日新聞夕刊文化欄に梅原猛先生が「大きな土産残して」と題して、退任した落合監督につき「思うままに」書いておられたらしい。  らしい、というのは夢酒は中日新聞は怒りの解約をして、見とらんからである。このコラムはわがオチシンジャーの誇る論客のブログを見て、はじめて知ったのである。 …
コメント:4

続きを読むread more

右京さん、落合監督を推理する

「連隊長殿こんにちは」 「おや、よく来られましたねキミ。まあ上がって行きませんかカンベくん」 「season10が始まってますもんね。元日スペシャルが楽しみです」 「どうもありがとう。ところで今日は何のご用でしょうかキミ」 「ニワカ右京さんと調子合わせるの大変なんですけど。そうそう落合さん、監督辞められてからテレ…
コメント:2

続きを読むread more

落合監督、「オレ流 組織強化術」を語る

~オープニング~ 晩秋(初冬?)の名古屋市昭和区某所。入ってきたのは・・・ 夢酒の中では「前」はない。 12月9日(金)にNHK名古屋 「ほっとイブニング」で放送された、落合博満永久監督インタビューです。 このオフはつまらんので、来月のトークショーまで冬眠したろかしゃんと思っちょったところ、飛び起きましたて(…
コメント:8

続きを読むread more

連隊長、「織部の里」へ行く(最終回)

「それでは、いよいよ本日のメインである連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)へ参る」 上から 下から 説明はこれにて候 (手抜きすまぬ) 「すげーじゃろ。仕組みはオラに聞かれてもわからんが、この登窯は慶長10年(1605)に美濃の窯大将・加藤景延殿が唐津で学んできて、ここ元屋敷に築窯したのじゃ」…
コメント:2

続きを読むread more