夢酒、『コールドケース』日本版を視る

 すでに先月から放映されていますが・・・。  前の記事(8ヶ月以上も前ですけど)で紹介した傑作海外TVドラマの日本版を、WOWOWでやっています。  あの記事に触発されたのかどうかは知りませんが、しばらくして『コールドケース』の日本版をやるぞという発表がありました。ヒロインを演じるのは誰か? 予告映像では脚だけチラ見せし…
コメント:0

続きを読むread more

ジェフリーズの誕生日

 相変わらず海外ドラマが面白いです。  最近までハマっていたのは、イギリスBBC制作の『魔術師マーリン』。アーサー王伝説を基に、若き日のアーサーとマーリンの友情や冒険が描かれて、子供のようにハラハラドキドキしながら見ていましたが、とうとう終わってしまいました。寂しいです。マーリン・ロスです。  海外ドラマの魅力のひとつに、登…
コメント:0

続きを読むread more

夢酒夜話(八) ジャケットとジーンズの伝説

 【ご注意】 この記事には独断と偏見と大妄想が含まれている可能性があります。(店主)  今ではジャケパンというスタイルが確立して、テーラードジャケットにジーンズを合わせることは、ちっとも珍しくないですよね。元はと言うと、アメリカの学生が1960年代からやってたそうです。  では、これをわが国で初めて実践した人物は誰か? …
コメント:4

続きを読むread more

夢酒、ジーンズ道を語る

 前の記事で、註釈を付け加えようと思ったら、想定外に膨らんでしまったので、こちらにまとめました。  普段はサボっているのに、書き出すと止まらないのがボクの悪い癖・・・。 [註1] ベルボトムとは何だったのか  夢酒は、メーカーとかブランドにこだわりはなく(というより何も知らず)、とにかくジーパンであればよかった。行きつけの…
コメント:0

続きを読むread more

夢酒、18年ぶり(推定)にジーンズを穿く

 その昔、夢酒は筋金入りのジーパン至上主義者であった。  学生時代には、ジーパン2本で一年過ごしたこともあるくらいでね。カネがなかったのが一番の理由だけど。  その頃爆発的に流行ったのはベルボトムという奴で、股上が超浅く、腰回りから膝まではパツンパツン。膝下から極端に裾が広がって、ほとんど足のつま先まで覆ってしまうという、今思えば相…
コメント:2

続きを読むread more

夢酒、ズボンと格闘する(下)

〈前回までのあらすじ〉  北海道のホテルでディナーの後、大浴場で体重計に乗った夢酒は驚愕するのであった。  まあ、正直そのときは「びっくりポンや~」程度だったんですけどね。  一週間後、息子の嫁さん(このときは婚約者)のご両親と、名古屋で食事会をすることになっていて、当日スーツを引っ張り出したら、    アカン…
コメント:2

続きを読むread more

夢酒、ズボンと格闘する(上)

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。  中国では、今日が農歴除夕(旧暦除夜)だそうで、明日から旧正月のお休みになるらしいのですが、それに倣った訳ではございません。  空港とか、ホテルとか、大変だろうなあ。  ところでね、ワシも65才になっちゃったみたい。  市役所から介護保険証というのが送られてきて、  「お…
コメント:2

続きを読むread more

夢酒、カメマンネンなど改造する

 何を隠そう、ワシはメガネフェチである。  というような記事を、以前発表して大反響を呼んだのであるが、それからおよそ2年、事態は大きく変わった。  実はね、今年の初めに運転免許の更新で警察へ行ったんですよ。で、視力検査というのをやりますよね。  「次の方、どうぞ~」  夢酒はメガネをかけて、上だ下だ右だ左だ(○の切れ目ね)と言っ…
コメント:2

続きを読むread more

連隊長、生存確認される

「連隊長殿こんにちは」 「おー、よう来たのワレ。まあ上がって行かんかいワレ」 「なんだ、ピンピンしてるじゃないですか。半年も更新がないからどうしちゃったのかと。捜索願を出そうかと思いましたよ」 「探さないで下さい」 「無理に探しませんよ。で、何してたんですか。もう区長さんは終わったはずですが」 「まあ、やり…
コメント:6

続きを読むread more

夢酒、『昭和残侠伝』を観る

 さて、プレミアムシネマ・健さん特集も、いよいよ『昭和残侠伝 死んで貰います』でござんす。  なにしろ、放送に先立ってNHKのアナウンサー氏が「シリーズ最高傑作」と大絶賛。「私も大好きです!」と言ったかどうかは忘れましたが、とにかく盛り上がって来ました。健さんの誕生日(2月16日)に合わせるとは、NHKさんも気が利いています。 …
コメント:0

続きを読むread more

夢酒、健さんとお竜さんにしびれる

 やってくれますねぇ、NHKさん。  BSの「プレミアムシネマ」で健さん特集ですよ。  それも、任侠ものがズラリ。  見て下さいよ、このラインナップを。   2月9日(月)  『網走番外地』(1965年) ・・・済   2月10日(火) 『緋牡丹博徒 花札勝負』(1969年) ・・・済   2月16日(月) 『昭和残侠伝…
コメント:4

続きを読むread more

夢酒夜話(七) 湖東美歌さんって知ってますか

 知ってる人、少ないだろうなぁ。  夢酒も、最近やっと名前を知ったばかりだもの。  今を去ること、たぶん40年近く前、夢酒はラジオから流れる若い女性の歌声に引き込まれていました。    アメリカ橋って知ってますか 目黒と恵比寿の間にある    下を山手線がゴーゴー走る 鉄でできた青い橋  なんというか、高音が透き通…
コメント:2

続きを読むread more

夢酒、ダブルジッパーと格闘する

 あああ、言わんこっちゃない・・・。  ついにバラクータを手に入れて(前記事参照)、夢酒は嬉しさのあまり、そこら中で自慢げに吹聴した。そのたびに「今度着てきて下さいよ」という予想通りの反応を得て、「そのうちな、ふふふ」と会心の笑みをもらし、帰宅してはこっそりバラクータを取り出して着てみるのであった。  その場合、健さんは決して前…
コメント:2

続きを読むread more

夢酒、バラクータを買う

高倉健さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。 あれからテレビで放映されている健さんの映画は欠かさず(たぶん)観ております。 晩年の作品群は、とても味わい深くていいのですが、地上波では任侠系はやらんのでしょうかね。観たいなあ。 WOWOWでやってた『冬の華』の健さんは、鳥肌が立つほど男らしく、切なく、かっこよかったです。 …
コメント:4

続きを読むread more

連隊長、やっとかめに近況を語る

「連隊長殿こんにちは」 「おー、よう来たのワレ。なんぞ用かワレ」 「なんぞ用かじゃありませんよ。一体どうしちゃったんですか」 「どーしたもこーしたも、この通りピンピンしちょるが?」 「長いこと店をほったらかして、数少ない読者に何の挨拶もないのはいかがなものかと」 「これがホントのやっとかめ(80日目)やんけ…
コメント:4

続きを読むread more

マリユスはダメ男か?①

 『レ・ミゼラブル』を読んでいて、ひそかに思ったことがあります。それは何かというと、  マリユスって、おらみてえだ。(爆)  マリユスは登場人物の中でも最も重要な一人で、ジャン・ヴァルジャンから「愛娘」のコゼットを託されるほどの青年なのですが、なぜかレミゼファンには評判が悪い。  特に女性からは、女心に鈍感な無神経男と叩か…
コメント:0

続きを読むread more

人生はマラソンなのか?

このCMが評判になっているようです。  見覚えのある風景だと思ったら、これ、名古屋・三の丸界隈の官庁街ですね。  県警本部や愛知県自治センターなどが、はっきり映り込んでいます。  キミら、いつのまにこんなロケを?(笑)  スタートから50秒過ぎあたりで、突然池松くんが立ち止まり、コースを外れる。  整然と走…
コメント:0

続きを読むread more

暦の上ではバレンタインデーも

 過ぎ去りました。  どっちみち夢酒には、クリスマスも節分も、もちろんバレンタインデーも、遠い世界の出来事であります。  さすがに正月だけは人並みにやりますけどね。  だいたいがよー、おらのガキの頃は、クリスマスなんかオヤジどもが街で飲んだくれるだけの日だったし、そのうち馬鹿な若い男が、身の程知らずの高級ホテルを何ヶ月…
コメント:2

続きを読むread more

開運!落合GMトーク&ディナー2014

 オレドラさんからレポの催促が来ておりますけど(汗)  実はメモも何もありませんので、記憶だけでどこまで書けるやら・・・。(誰か助けてね)  あれから3ヶ月、ようやくGMと呼ぶのに慣れてきた落合博満氏、恒例の新春トーク&ディナー@名古屋国際ホテルでございます。その前に、 到着早々、まずはこのお方にご挨拶と願掛けを …
コメント:10

続きを読むread more

そんなにおらが悪いのか?

 周知のように夢酒はジェントルマンであるから、社会のルールとかマナーについては、たいていのことは守る。すべての、と言いたいところではあるが、気づかないうちにやらかしちょるかも知れんだろ。人間だもの。  そういうときはやんわり注意してもらえば、あ、これはご無礼仕ったと潔く非を認めるにやぶさかではない。たぶん。  でもさ、どうしても「何…
コメント:6

続きを読むread more