夢酒、カメマンネンなど改造する

 何を隠そう、ワシはメガネフェチである。
 というような記事を、以前発表して大反響を呼んだのであるが、それからおよそ2年、事態は大きく変わった。
 実はね、今年の初めに運転免許の更新で警察へ行ったんですよ。で、視力検査というのをやりますよね。
 「次の方、どうぞ~」
 夢酒はメガネをかけて、上だ下だ右だ左だ(○の切れ目ね)と言ってたんですけど、なぜか見にくい感じ。そこで、ちょっと待ってくれと。
 「あのさあ、なんだか見にくいから、メガネ外していいかい?」
 「いいですよ、じゃあ外してやってみましょうか」
 すると、結構はっきり見える(笑)。
 「メガネなしで大丈夫ですね~。新しい免許証は条件なしで出します」

 えらくあっさりしたもんだ。
 思い起こせば高校生のときから50年近く、運転免許取ってから40年以上もかけてきたメガネ人生から、こうも簡単に解放されるとは。
 
 でもさ、習慣とは恐ろしいもので、それからも外出時や車を運転する時はメガネかけないと不安でね。不思議ですよねえ。
 まあ、それは慣れの問題だが、ここで、もっと重大な問題が発生した。

 せっかく作ったカメマンネンが、無駄になっちまう!

 あれほどみんなに言いふらし、見せびらかしたからには、「もうメガネかけんでいいもんね~」なんて言いにくいし、下手をすると夢酒の知的なイメージが壊れちまう。かといって、ダテメガネはおらのダンディズムが許さん。

 そこで夢酒は考えた。
 このフレームを使って、なんかいいコトできないかな。
 そうだ、老眼鏡、違う、リーディンググラスだ。それなら高級ホテルとか高級ぽいところ(すぐに思いつかん)でおもむろに取り出して、
 「いやあ、最近細かい字が見づらくてね。歳には勝てないもんだよ」
 「あ、それってカメマンネンじゃないですか。さすが夢酒様、とてもお似合いですよ」
 「それほどでもないさ。特別に誂えたんだけどね、ははは」
 「渋い男性がお好きな女性には、たまらないと思います」
 「いやいや、この歳でそんな気はさらさらないよ(内心ワクワク)」

 妄想は果てしなく膨らむ(笑)。

 もうね、いても立ってもいられなくなって、キクチさんへ直行。おーい、これを老眼鏡用にタマ入れ替えてくれや。
 どうされたんですかと訊くスタッフに、かくかくしかじかと訳を話し、レンズを慎重に吟味して、ついにおらのリーディンググラスが完成したのじゃ!

画像
画像が悪くてすまんが、よう見える。



 「ところで、もう一本のオーバルタイプはどうされます?」
 おお、そうじゃった。こっちも眠らせとくのはもったいないのう。かといって老眼鏡を2本作るのもなあ。
 「運転用のサングラスにされてはどうでしょう」
 「でもサングラスじゃ春夏しか使えんじゃろ。スキーに行くわけでもないし、だいいちおらがグラサンかけてガイシャ運転してたら、みんなビビって逃げちまうわいね」
 「確かに。あ、いや、そうではなくて、レンズは透明のまま、紫外線やブルーライトをカットするということです」
 「つまり、透明サングラスと?」
 「濃い色にすると、使い道が限られてしまいますからね。透明なら今まで通り使っていただけますし、目にも優しいですよ。夢酒様には特におすすめです」

 なんと商売上手な。そ、それで行くべ!!
 

 こうして2本のメガネはそれぞれ生まれ変わり、夢酒の余生に末永くつきあうことになったのであります。



上が透明サングラス、下がリーディンググラス画像
どっちも見た目変わらんけど。


<終>

 

 あ、まだ丸メガネは諦めとらんからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年09月01日 23:49
先に生存確認された~(苦笑)
しかも、連続して相変わらずのキレある記事やんけワレ!(笑)
夢酒スポーツ
2015年09月02日 20:02
>をやかた
yasu氏、辺境ブログで生存確認される!

今年の6月下旬に怒りのブログ記事を公開して以来、公の場から姿を消していた「をやかた」ことyasu no5氏が、某辺境ブログを訪れていたことが、2日、店主の証言でわかった。
店主は「をやかたの気持ちはよう分かるわいね」と、yasu氏への理解を示すとともに、「今年は優勝だとぶちあげたおらの立場はどうなる? 責任取らんかい、たわけ~!」とドラゴンズのヘタレぶりに怒りをあらわにした。
その一方で「まあ、長いつきあいじゃからの、来てくれたことは嬉しい限りじゃよ。いわば傷ついた者同士やんけワレ。そのうち元気に復帰するじゃろうて」と10年来の戦友を気にかけていた。
なお、店主は半年の眠りから覚めたばかりで、「おら、スウェーデンへ行ってみてゃーがや」などと意味不明なことを口走っていた。