テーマ:ことば

『レ・ミゼラブル』における人名・地名の日本語表記について

 今だから言いますけどね、去年の暮れに初めて映画のレミゼを観たときは、冒頭から「ええーっ」と思いましたよ。  いきなり「囚人の歌」から始まるのは、あ、これ、ミュージカルだったんだと即気が付いたからいいとして、なんだ英語かよ・・・。しかも “Look down” が「ロックダウン」と聞こえる。これってコックニー訛りじゃん。あとで出てくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きにしたらええやんけ

「連隊長殿こんにちは」 「おー、よう来たのワレ。まあ上がって行かんかいワレ」 「落合監督のトークショー以来、全然更新されてないから冬眠されたのかと思いましたよ」 「だってネタがないんだもん。まあ半冬眠てとこやんけワレ」 「キャンプが始まりましたけど」 「キャンプは見に行きません。行く意欲はありません。見たっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

味あわない??

先週土曜日、テレビで優勝報告会&パレードを観ていて落合監督の挨拶にうるっときた夢酒は、どーせ「公式」なんか仕事が遅いし、中スポも明日しか載らんから、当店がどこよりも早く全文掲載したるわ、とスケベ心を出して、早速録画を再生しながら書き起こしを始めたのであった。 自慢ではないが、オラこういうのは結構早い。打ち込みは快調に進む。 ところが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すずかけ通り三丁目」のこと

「お客さん、どちらまで?」 「すずかけ通り三丁目まで行って下さい」 「すずかけ通り? すずかけ通り・・・」 「三丁目です」 「なにか、目印の建物が近くにありますか?」 「白菊会館の近くです」 「白菊会館ですか。あの近くならよく知ってますけど、そういう通りはないですよ」 「いいえ、あるんです。早く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

願わくば??

本日は七夕であるゆえ、なんぞええネタはないものかとネットを漁っていて、オラぶったまげた。 七夕カクテル、願わくば星空の下で 梅田スカイビル (asahicom 2010.7.5) なんじゃ、これは? いや、カクテルや梅田スカイビルのことではない。 オラ尾張の田舎者だでよ、そげなハイカラなものは知りませぬのじゃ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ごびらっふの独白』より

るてえる びる もれとりり がいく ぐう であとびん むはありんく るてえる 「連隊長殿、こんにちは」 けえる さみんだ げらげれんで くろおむ てやあら ろん るるむ かみ う りりうむ 「連隊長殿、何やってるんですか」 「ん?なんだ、ワレ来ちょったんか。今忙しいんじゃワレ」 「来ちょったんかじゃあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「お疲れ様」と「ご苦労様」

土井正三氏が亡くなられたことにつき、原監督が「ご苦労様でした」と述べたのに対して、噛みついてる方々がおられるようで。 曰く、「日本語の乱れ」「大の大人が」「語法の誤り」「情けない」・・・。 要するに、この場合は「お疲れ様でした」というのが正しい用法だろうが! と言いたいらしいのだ。 では、逆にお聞きしますが、なぜ「ご苦…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『イチローと落合博満の名言集』から

交流戦明けの中途半端にヒマな夜、いかがお過ごしでしょうか? ワシ、オチシンの皆様にはおなじみの(たぶん)、傑作動画を引っ張り出して見ておりました。     http://www.youtube.com/watch?v=Rg0_IceCgIo&feature=related     http://www.youtub…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「でゃーつーさん」

えー、やっとかめ に名古屋弁を学習するでね。 《例題》   ○○さ の ごっさん は でゃーつーさん だでよ。 こないだの日曜日に、村の寄合で発せられた長(おさ)のお言葉でござる。 居並ぶおえらい衆も 「ほーだほーだ」 と。 オラ、これでもその中では「若い者」なので、うなずいとるだけでしたけど。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不思議な言葉

(岩瀬は)ちゃんとした使い方をすれば、ちゃんと抑えるんだよ。 (落合監督) 北京での無茶苦茶な「ワシのやり方」に反省のかけらもない「元・代表監督」氏へのあてつけであろうか? そうではない(いや、少しはある?) 9回裏、3点リードの場面。 当然のように落合監督は「守護神」岩瀬を投入し、当然のように岩瀬はタイガース打線を3人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「拝見させて頂きます」

すげえ敬語だ。 なにもそこまでへりくだらんでもええのに。 「拝見します」で十分だよ。それで物足りんのなら「拝見いたします」と言えばよろし。 なんか近頃この手の言葉遣いが耳につくな。 「ご提案させて頂きたいと思いまして」  余計なお世話だってば。 「お名前を頂戴してもよろしいですか?」  これにはびっくりしたなぁ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

思いつき名古屋弁講座 ②

調子こいて、ほんとに続編やってまうでよ。 【小田井人足】 (発音は「おてゃーにんそく」)  (用例) おみゃーは、おてゃーにんそくだでいかんわ。 この言葉については以前書いたことがあります。 (→こちら参照してちょ) 江戸時代、大雨で庄内川が氾濫しそうになると、尾張藩は左岸の「ご城下」を守るため、対岸・小田井(おたい…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

思いつき名古屋弁講座

本日は、名古屋弁を正しく理解して美しく使おみゃー!! のココロで行ってみてゃーと思います。 それではワシが好きな言葉から厳選して、 【たいだい】 (発音は「てゃーでゃー」)  (用例) ビョン吉の奴、てゃーでゃー2塁へ暴走しよった。 わざと、わざわざ、という意味ですね。荒木を生還させるために、アウトを承知で2塁…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

落合博満のメッセージ

落合監督が読売の4番だった頃の話です。 以下、うろ覚えなので正確ではないかも知れませんが。   試合は1点のビハインドで読売の攻撃は9回2死満塁、カウント2-3。   次の球を打者は見送ったがストライクと判定され三振、読売は負けた。   うつむいてベンチに帰る打者に、味方の視線が突き刺さる。   その時落合が言っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more