テーマ:おらが村

神木燃ゆ

魔界小木村・夢酒城二の丸御殿の南さ向いてる窓を開けると、 すぐそこに巨大なクスノキが見えるのである。 小木村なのに大木とはこれ如何に? 魔界の大クスノキ様については こちら を見てね。 ところが今では、 立ち入り禁止のテープが張られ、 洞穴はこのような有様でございます。  2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お暑うございまする

ぐっさんの田んぼ から 「中干し」なう 用水もカラカラじゃ。 「中干し」とは、土中に酸素を供給するために、田んぼの水をいったん切って田面を乾かすこと。「あいちのかおり」の場合、田植えから40日後位が目安。これにより根腐れを防ぐのじゃ。また過剰な分蘖(ぶんけつ)を抑えたり、稲が倒伏せぬよう根を強くする効果もあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ぐっさん、魔界で田植えをする

    6月7日の朝、いつものように事務所でまったりしちょる夢酒を、カミさんがけたたましく呼びよった。     「ちょっとアンタ~、うちの前に東海テレビが来とる~!」     「何じゃと? オラ、取材のアポは受けちょらんぞ」     「違うわ、すぐ前の田んぼにぐっさんがおるんだがね~!」     「ぐっさんて、あ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

【お知らせ】 「春姫道中」開催日決まる (他1件)

延期になっていた「第17回春姫道中」の開催日が決まりました! 実行委員長・夢童由里子様(通称「姫様」)からの檄文 文中に姫様の思いが溢れております。いったん延期としながら、相次ぐ余震と原発事故により被災地復興への道筋も定まらぬ中で、志高く、粘り強く「再開」にこぎつけられた姫様のご努力に、心から敬意を表するものであります。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

妄想のしかた

「連隊長殿こおーんにちは♪(照)」 「ハッ、まさかあの超天然戦士ララランジャーZが!? ・・・と思ったら、なんだワレかい」 「すいません連隊長殿、お蘭さん風にかましてみました」 「なにしろオラ、織田常昌研究に頭悩ましちょるとこだでよ。あの子が来たら混乱に輪をかけること必定やんけワレ」 「そんなこと言っていいんです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魔界伝説 ~宇都宮神社と織田宰相常昌~

本日は恐怖の魔界伝説シリーズ第2弾である。 なお、第1弾は1年以上も前のことだし、内容に関連性はないゆえ、あまり気にせずともよろしい。 ということで、いきなり魔界の中心地、「宇都宮神社」である。 さて、昭和11年発行の「魔界村誌」によれば、 ・・・昔は菅生天神社とて少彦名命を祀りし氏神なりしを、織田宰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔界の巨木

落合竜はソフトバンクの露骨な色仕掛けに嵌められて玄界灘に沈んじまったため、 (やい、ピンクの塁ベースなんか使ってええのか?) 今宵も超ローカルネタに逃避せねばならんのは、まっこと心苦しい限りではありますが、 恐怖の魔界案内シリーズということで、よろしくお願い致します。 さて、ここは、 そう、百姓一揆の集合場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『織田信長と小牧』あれこれ

そういえば、以前おぬしが自慢げに書いとった「信長講座」は、その後どうなっとるんじゃい? というようなお問い合わせは全くございませんが(笑) 何かにつけて 「構想倒れ」→「尻つぼみ」→「なしくずし消滅、または行先変更」 を得意とする当店と致しましては、 自ら寝た子を起こすような行為は厳に慎んでいるものの、 いちおう行っとるぜと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魔界の掟

シャバではぼつぼつ黄金週間とやらが始まるという4月25日、辰の刻。 魔界小木村の郷社・日吉社の鳥居下には、数十名の村人が集結していた。 強雨の中、雨合羽と長靴に身を固め、手に手に鎌、スコップ等の得物を握りしめた異様な集団である。 知らん人が見たら、スワ百姓一揆だべか!?と思うに違いない。 しかし、よくよく見るとジジババが大半…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワシの城下町

23日にNHKで放送された東海北陸限定超地域密着番組『金とく』は、なんと、 「織田信長 まちづくりの野望」!! まさに、ワシのための特集であった(笑) 小牧、岐阜における最近の発掘調査によって、信長の都市政策の全貌が明らかになってきたというもので、45分のうち小牧が15分、岐阜30分という時間配分は、ま、是非に及ばずじ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「でゃーつーさん」

えー、やっとかめ に名古屋弁を学習するでね。 《例題》   ○○さ の ごっさん は でゃーつーさん だでよ。 こないだの日曜日に、村の寄合で発せられた長(おさ)のお言葉でござる。 居並ぶおえらい衆も 「ほーだほーだ」 と。 オラ、これでもその中では「若い者」なので、うなずいとるだけでしたけど。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歩く無愛想

お暑うございます。雨乞いしたい気分です、甲子園方面に向かって。 午後4時過ぎ、外気温+38℃ ・・・頭も画像もボケる。 燃料警告灯が点灯したのでエアコン切ってエコランしとったら、危うく熱中症になるとこでしたわ。 田んぼは「中干し」です。 乾いた田面が見えますね。 それでは、みなさん、またです。 違…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自力V消滅・・・

もうね、シンジラレナーイ!(使い方が違うて) ほんの10日前に「優勝するべ!」とか書いて士気を煽ったったのに、6.5差が倍になっとるがや。 ナニコレ? 悪い夢でも見とるのか? それとも、わがブログを馬鹿にしとるのか、え!? 自力優勝が消えた9日の夜、オラ布団かぶってしくしく泣いた。 20ゲーム差までは大丈夫と信じつつも、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一反一石 (いったんいっこく)

オラが村では、これから田植えのマワシ(←準備のことね)だべさ。 たぶん全国で最も遅いんでねーか? 村(実行組合)のお触れ書きには、「6月7・8日の両日に田植えを行うべし」と。 けど、今日びはほとんど農協さんにお任せなので、村の衆総出で田植え祭りなんて光景はないですね。 さて、本日は明るい農村の話題ではありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材その後

ドアラ先生ほどではないが(アタリマエだて)、実はオラもひそかに取材を受けていたのである。 と言っても、うちの業界のお堅い会報誌なんですけどね。 2ヶ月も前のこととて、すっかり忘れとったところ、このたびそれが送られてきました。 そういや取材の姐さんに原稿も見せてもらっとらんがや。 はたして何がどのように書かれているのか。なにし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幻の政秀寺を探せ!(本編突入)

承前 さて、前回大げさに述べた通り、平成20年正月某日、オラあてどなく村をさまよっていた。というのは少し違って、実は新年会の連絡のために、村の最高権力者であるところの実行組合の長(おさ)の屋敷を訪問したのである。 そこで遭遇したのが写真のブツで、後ろのオッサンは長その人である。      画像を再掲 オラ 「長、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の政秀寺を探せ!(番外編)

本編に入る前から番外編とは、困ったもんですが・・・。 実はアマゾンから届いた本を読んでいて、またひとつ賢くなったので、忘れんように記しておこうと。 これですけど。4年前に発表されて、大変話題になりました。なぜ今ごろ読み出したかはさておいて・・・ ひと言で感想を述べるなら、面白すぎて怖い!! ワシみたいな妄想屋からすると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の政秀寺を探せ!(前フリ)

政秀寺(せいしゅうじ)は、信長の傅役だった平手政秀 が天文12年(1553)に大うつけの若様を諫めて自刃した際、これを悼んだ信長が政秀の菩提を弔うとて、沢彦(たくげん)和尚を開山として建立した寺である。そして、その場所は小牧山の南・小木村、すなわちおらが村であった。 現在の政秀寺は名古屋市の栄三丁目、若宮大通り沿いにあり、由緒書き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私の城下町

いつもはつまんねぇ市の広報誌。ところが12月1日号に、おや、こんなのが載っていた。 その名も 「特集 小牧のルーツを発掘せよ!」 (ヘボい写真ですね。 なにしろ6年前の最新型デジカメだもんだで) やっぱこっちの方が綺麗だ。(当たり前です) 市役所広報担当諸君、やればできるではないか。けど、どうせなら年譜とかお館様の肖像画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実行組合の陰謀

実行組合とは「農事実行組合」の一般的呼称で、おらが村の生え抜き農家にして本家のみが組合員資格を有するトコロの、村で最も由緒ある超保守的、排他的団体である。 そして、その幹部が村の政治をつかさどっている。 (なんと、ワシもその構成員である) 村で別途選出される「区長」(町内会長のことですね)は、ここだけの話、カイライみたいなもんだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

木曽街道を行く(本業?ネタ)

別に木曽路を散策してきたわけではありません。 尾張の聖地・尾羅賀村(おらが村)から犬山の前原宿(仕事の現場です)へ行くに、国道41号線の五郎丸交差点から東進することが多いのですが、先日は木曽街道を走ってみました。 「木曽街道」とは現在の県道名古屋犬山線の原形で、別名「上街道(うわかいどう)」といいます。 尾張藩祖・徳…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more