南十字星のうた (中高年向け)

昨日業界の忘年会をやりましてな。


風呂屋で宴会だい♪

画像
月が2つ出とる (レンズの汚れ?)


館内に「いけす海龍」「焼肉ドラゴン」「寿司竜」とかあります(笑)

1次会の話はすっ飛ばして(笑)、マッサージもエステ?にも目もくれず、

2次会カラオケルーム(予約済み)へ突進!


盛り上がってきた頃、オラより少し年上のオッサンがやり出した。

  ま~っかな太陽~ 燃~え~ている~♪
  果て~ない南の~ おお~ぞらに~♪

おお~っ、快傑ハリマオ!!

  ハリマオ~♪ ハリマオ~♪ ぼくら~のハリマオ~♪

若い連中の呆れ顔を尻目に、オッサングループの大合唱になったのは、いうまでもありません。

もちろん、それだけで終わるぼくらではない。

  「おい、○○さ、ハリマオやるなら『南十字星』もやらないかんだろ」

  「そーだそーだ、あれは、えーと、ホレ、う~ん名前が出てこん・・・」

  「近藤圭子さんだて」

  「そうそう、近藤圭子さんだ。きれいなお姉さんだったなぁ、ううう(←泣きそう)」

なんか、不気味な会話を繰り広げておりますが、

  「やい、カラオケにあれせんがや!」

  「なに~、そんな馬鹿な! まっとよう探せ!」


必死の探索も虚しく、「ママいらず」(デンモクのことね)のどこ押さえても出てこず、本は目がかすむのでつぶさに調べる根性もなく、オッサン一同がっくり肩を落とす。(若いもんはホッとしたことであろう)


で、家へ帰ってネット検索してみたら一発で出てきました。

もう大感激ですわ。早速みんなに電話して教えたったて。


さあ、中高年の同志よ。しみじみガキの頃の思い出に浸ろうではありませんか!

南十字星のうた  (「ハリマオ」のエンディングテーマでしたね)


お、お懐かしや・・・ (←泣いとる)

近藤圭子さん、童謡歌手でもありました。

オラ、小学校2年か3年の純真な少年だったなぁ。

今ではスカートがふわっとめくれ上がるところに釘付けになっちまうのはなぜ?

でも、これ、総天然色ではなかったはずだが・・・。

"南十字星のうた (中高年向け)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント