夢酒、18年ぶり(推定)にジーンズを穿く

 その昔、夢酒は筋金入りのジーパン至上主義者であった。
 学生時代には、ジーパン2本で一年過ごしたこともあるくらいでね。カネがなかったのが一番の理由だけど。
 その頃爆発的に流行ったのはベルボトムという奴で、股上が超浅く、腰回りから膝まではパツンパツン。膝下から極端に裾が広がって、ほとんど足のつま先まで覆ってしまうという、今思えば相当ケッタイなカタチであった。そしてワシら先進的若者は、こいつを引きずるようにして、街やキャンパスを闊歩したものだ。[註1]
 しかしこれは数年で下火になり、いつしか普通のジーパンに回帰していった。
 
 やがてブランドに目覚めると、リーヴァイスだラングラーだ、いやリーだとメリケンモノに傾倒し、「やっぱジーパンはリーヴァイスの501だべ」、などと利いた風なことを語り始めるのである。
 もっとも501はボタンフライなので、めんどくさくなって、あとさき1本だけで終わっちゃったな。

 とはいえ、ジーパンは決して穿きやすいものではなかった。ゴワゴワして、窮屈で、重たくて。
 この難敵をいかにねじ伏せて穿きこなすか、または穿きこなしているように見せるか、というのが最大の問題であった。
 買ったその日から昼夜を分かたず穿き続け(寝るときもね)、洗濯はチカラ業でガシガシと。時にはわざと乱暴に扱ったりして。もちろん買うときには縮みを計算して、慎重にサイズを選び、裾上げしなければならない。失敗は許されない。[註2]
 ジーパンとの戦いは、まさに渾身のガチンコ勝負だったのである。
 まあ、そうやって、次第にスレて馴染んでいく過程が楽しみでもあった訳ですな。
 でもね、歳を食うに従って、だんだんそういうのが億劫になっちまった。

 で、18年ほど前(推定)のある日、突然夢酒は思った。
 もう無理してジーパン穿くのやめよっと。
 冬は寒いし、夏は暑いし。
 チノパンの方がラクだし、カミさんも洗濯しやすいだろうし。
 
 こうして夢酒史におけるジーパン時代は、いったん幕を閉じたのであります。


~途中休憩~
 

 ところが、最近またジーンズ(←ここからはそう呼ぶ)が気になり始めてね。
 考えてみれば、夢酒がジーンズを捨てた理由のひとつは、「おなかが苦しいから」であった。
 そうしてラクな方へとばかり流れていったことが、先のズボン騒動(前記事参照)につながったのではなかったか。
 ダンディ夢酒としては、おなかの緩みは気の緩みと、深く反省したのである。
 
 一方、周りを見渡せば、オッサン・オバハンはもとより、じーじ・ばーばまでも、当たり前のようにジーンズ(のようなもの)を着用している。かつてのストイックな戦闘ズボンは、国民的普段着となり、オシャレ着にさえなった。
 あの頃、いつも可愛らしいワンピースだった女の子が、初めてのデモに真新しいジーパン姿で来たときの、恥じらうような初々しさに目がくらんだのは、もはや遠い昔話である。[註3]

 それはさておき、聞くところによると、これほどジーンズが普及し定着したにもかかわらず、老舗の国産メーカーは経営難に苦しんでいるらしい。
 きっとユ○クロとかファストファッションの格安ジーンズに持ってかれちゃったんでしょうね。
 そう言えば、町に数軒はあったジーンズショップは、いつの間にかなくなっちゃった。

 そこで夢酒は考えた。

 今こそ誇り高きオールド・ジーニストの生き様を見せてやらねば!
 
 という訳で(いつもながら長い前置きですいません)、決意も固く某ショッピングモールのライトオンへ乗り込んだんですよ。
 そしたら、あまりにも種類が多くて、どれにしたらいいのか分からへん。
 仕方ないので、店のお姉さんに訊いてみた。
 「マドモアゼル、普通のストレートはどれかね」
 すると、
 「こちらのはストレッチがきいていて、とてもラクですよ~」

 ・・・だからさあ、そげな志の低いやつはダメなんだってば!

 「いや、まっとうなデニムがいい。ジャポン製でね」

 それではこちらを、と出してくれたのが、EDWINの503ですわ。


画像
男のストレートなのだ。


 ところが、穿いてみると、えらく軽くて、柔らかくて、肌触りよし。しかも適度に伸縮しよるから、腹もラクチンやんけ。
 なにこれ、昔の奴とは大違いじゃねーか。

 う~ん、ワシのジーンズ道にはちと反するが、

 穿きやすいからこれに決めた!


【ご案内】
 書き足りなかった点について、それぞれ[註]として解説しようとしたら、あまりにも長文になっちゃたので、次の記事にまとめました。

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年02月15日 23:11
「ジーンズ道」に深い感銘を受けたのに、揚句緩すぎますやんけ、ワレ!(笑)

ジーンズは、穿き込んで自然の風合いが増してく様こそですわな。
わちきが嫌いなんが、ケミカル加工やら、わざとダメージ加工してあるヤツやら。
こんなんが、ご立派な値段で売られてるの見るとね・・・

で、師匠には是非にベルボトムアゲインを!
裾ズリズリさせて、颯爽とナゴドに乗り込んで来て欲しいですわ。
その足元には、ろんもちのロンドンブーツで!(笑)
ベストジーニスト夢酒
2016年02月16日 20:22
>をやかた
正直、今のジーンズが(しかも定番とされる奴が)こんなに穿きやすいとは知らなんだ。
まあ、ジーンズも進化しているということなんでしょうな。
もう昔のゴワゴワには戻れん、というか戻りたくないっす(←本音)。
ケミカル加工とかダメージ加工とかは、邪道ではあるが、お好きならどうぞと。
ベルボトムは欲しくてもライトオンには売っとらんかった。どこさ行けば買えるんだよ。
あと夢酒が許容するのはスリムまでで、スキニーなんて男が穿くなよ。あれは若いおなごが穿いてこその眼福なのじゃ(失言?)。

をやかたのコメントにインスパイアされて、次頁でワシのジーンズ道(のようなもの)を語っちゃったよ。