暦の上ではバレンタインデーも

 過ぎ去りました。

 どっちみち夢酒には、クリスマスも節分も、もちろんバレンタインデーも、遠い世界の出来事であります。

 さすがに正月だけは人並みにやりますけどね。

 だいたいがよー、おらのガキの頃は、クリスマスなんかオヤジどもが街で飲んだくれるだけの日だったし、そのうち馬鹿な若い男が、身の程知らずの高級ホテルを何ヶ月も前から予約して、女とアレする日になっちまった。
 そんな騒ぎとはまったく無縁に幾星霜の清貧夢酒としては、今さらどーでもいい行事ですわ。

 節分の恵方巻きとやらに至っては、おいおい、誰がこんなものを世間に広めたんだよ。これって、元はといえば旦那衆のちょっとHなお座敷遊びだったんだろ。
 TVのニュースで、名妓連のお姐さんたちがかぶりついていたのはある意味正しいが、一般のおなごが真似してはいかんだろーが。旦那衆も、そこら中でおおっぴらにやられちゃ迷惑だろうて。

 バレンタインについては、ま、おらも全盛期にはチョコレートまみれになったクチだから、菓子屋の陰謀だがや、などとは言いませんが、若い頃こんな風習はありませんでしたよ。大学の1年生くらいだったか、クラスの可愛い女子がグリコアーモンドチョコをくれたことがあったけど、田舎者の夢酒には意味が分からなんだ。もっとも後で考えてみると、それはバレンタインの翌日だったので、分からなくて幸せだったかも知れん。

 そのようなことをつらつらと、一人静かに物思いに耽るバレンタインデーの夜、突然娘が、

 「おとう、ゾウガメとイグアナとどっちがいい?」と聞きよった。

 「何言っとるだ?おみゃー」 

 「だからー、ゾウガメとイグアナのどっちが好きかって聞いてるの!」

 「そ、そりゃゾウガメだわさ」

 「じゃあ、これあげる」



画像
これは、ひょっとして?


画像
やっぱり(笑)


画像
なんだか無駄にリアルすぎる気が。


画像
思わず接写してみた(笑)


画像
しかし、これをどうやって食えと?



 「首をペキッと折って食べればいいじゃん」

 そりゃそうだが・・・・残酷なことをヘイチャラで言う娘じゃ。

 このZOOLOGYシリーズ、ほかにもクロコダイルやゴリラやチンパンジーや、いろいろあるようで、バレンタインの時期だけ出現する、人気のネタチョコらしいですな。


画像
右のちょっと小振りなのがイグアナ(未開封)
誰がもらったのやら。




 というワケで、これがホントの亀記事でございました。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2014年02月22日 18:35
恵方巻きは、元々お座敷遊びとは知らなんだ。
確かに、丸かぶりっていうのに少しエロを感じていた事も
ありました。
そのオチとして、ゾウガメを持ってくるなんて、さすがウサギ年
っすね(^_^;)

娘さんからチョコを貰っている師匠が、少し羨ましいっす。
私んちの娘は、別居している事もあり、知らん顔ですわ(^_^;)
夢酒
2014年02月22日 22:02
>りーにんさん
諸説ある中で、お座敷遊び発祥説が有力ですな。丸かぶりしろとか、そりゃ、アレを切っちまっては大変なことになります(爆)
あと、具を七種類巻けだの、恵方を向けだの、すべてセブンイレブンが仕組んだ話ですわ。
恵方巻きとカメとウサギにはなんの関係もありませんぞ(キッパリ)
たまたまです(大汗)
娘は「面白いから買ってきた~♪」とアッケラカンですわ。