夢酒、落合講演(with森繁氏)を聞きに行く

 先月の国際ホテルに続いて、早くも今年2回目の落合講演でございます。今さらドラゴンズには何の興味もないが、落合博満の話ならなんぼでも聞きたいがや。ということで2月8日、国際会議場へ行ってきましたよ。
 開演10分前くらいに着いて席に座ると、2列前にカープのジャケットを着た人が。へーと思っていると、YG帽子にGのジャンパーを着たオッサンが入ってきて堂々と最前列に座りよった。思わず隣の人と顔を見合わせましたよ(笑)

 さて、去年までは熱心にメモを取っておりましたが、なにしろ寄る年波で目はしょぼしょぼするし、おしっこのキレは悪いし(関係ない)、落合さんも言ってましたけど、60は結構つらい。というか若く見えても62ですよ、ワシ。
 話は「オレ、1月10日から新聞見てない」。「オフは日本映画ばかり観ていた」から始まります。7月に映画関係の本を出すとのことですが、たぶんジブリの『熱風』に連載しているコラムをまとめるんでしょうね。
 「ずっと名古屋にいますよ。あとは東京と和歌山。この3箇所を行ったり来たりの生活」のようです。
 キャンプは見に行かない。今の生活に満足している。「オレにはまるっきり関係ない」と、素気ないお言葉です(笑)

 とは言うものの、そこは落合さん。「(この中に)マスコミ関係者、いるんだろうな」と牽制球を投げながら、来季の監督問題とかマスコミ批判に対する見解とかぶちまけていきます。微妙な話が多いので、ここに書くのは控えますけどね。夢酒も楽ですし(笑)
 そこで要点というか、印象に残ったことを書いておきます。なお、あくまでも夢酒の印象ですから、落合さんの真意とは違うかも知れません。
 それは、今社会問題にまでなっている「体罰」について。
 「体罰? オレ、10年前から言ってるよな。選手に暴力振るった奴はユニフォーム脱がすって」。
 この期に及んでなぜ? なくすための最善策をなぜ考えないの?と。

 落合さんは言います。
 「オレは暴力絶対反対。でも、たいがいの選手は我慢する。オレは我慢できなかった。逃げた」
 逃げてどうしたかというと、映画を観ていた。高校時代通算で約1000本の映画を観た。「でも映画館で指導員に見つかったことは一度もありません(笑)」
 映画館が開くまでの時間つぶしが問題だった。朝、一番落ち着くのは墓地。「お墓なら誰もいない(笑)」
 いや、笑い事じゃありませんて。その時の落合少年の胸中は察するに余りあります。
 でも、そこで落合さんは言います。「自分の逃げる場所があったから今のオレがあるんだろう」と。我慢するな、逃げ場を作れ。それは卑怯でも恥ずかしいことでもないのだとね。そうそう、ワシは今でも逃げ場を作っておる(笑)

 そしてもうひとつ大事なのは、「経験を積め」ということです。これは夢酒の勝手な解釈ですが。
 人は自分本位に考える。経験の少ない者は相手の意図が分からず、ちょっとしたことが自分にとって大変なダメージになってしまう。
 こういうの、イジメや体罰に限らず、本当に多いんですよ。例えば夢酒がある奴にレミゼの話をする。すると「それって、ああ無情でしょ、アン・ルイスの」とくる。すみませんね、古くて。
 そこで夢酒はイラっとして言うのです。「おみゃーはタワケか。レ・ミゼラブルといえば、まずは聖ジャン・ヴァルジャンとか哀切のエポニーヌとか偉大なるヴィクトル・ユーゴー大先生を思い出すべきだろーが、ボケ」。
 しかし、彼または彼女の中では「レミゼ」=「ああ無情」=「アン・ルイス」なのだから何とも致し方ありません。頼むからもっと大人になってくれよ。

 ま、夢酒の話はちょっとズレてるような気がしないでもないですが、実は落合さんの話はこうです。
 秋田弁はズーズー弁。東京じゃ通じないから、ついしゃべらなくなる。それをいつだったか神宮球場の試合で負けたとき、しゃべりたくないのにブンヤがしつこく聞くので言ってやった。
 「おめーらに何が分かるんだよ」
 そしたら「一介の監督におめーら呼ばわりされる筋合いはない」だって(笑)
 「おめーら」なんて、東京ではぞんざいな言葉としか受け取らないが、普段当たり前に使っている地域は全国にいくらでもある。それを東京本位でしか考えられない。まるで自分が否定されたかのような反応。偏狭で幼稚で想像力がない。つまり単細胞で自分本位なのです。東京がなんぼのもんじゃい。あ、これは夢酒の見解ですよ。

 あとは日本ハムへ入った大谷君の話とか、例の「二刀流」の件ですね。それから「ドアラは酒に弱い。ビールかけの時はオレがプールに避難させてやった。だからあいつはオレに感謝しているはず」とか。「ドアラはドアラなりに一生懸命悩んでいるんですよ」とも(笑)
 そして、「内緒の話」もありました。内緒だからここには書きませんけど(汗)、人間は決めつけちゃダメ。話をしてみなきゃ分からないと。いずれにしても「落合という人間は、死んでからはじめて認められるんだろう」。

 最後に、ベンちゃん、荒木、井端に愛情溢れるキツいお言葉を贈って、第一幕は終わりですが、その時ひと言、「一番肝が据わっているのは谷○。オレは○繁をドラゴンズの○○にしたい」。・・・会場ザワザワ(笑)
 

 えー、絵もない花もない殺風景で自分本位な記事ですみません。続いて第二幕、森繁さんとのトークですが、完全に無礼講モード。「我々だけですよ、こうやってしゃべってられるのは(笑)」と森繁さん。もうね、その面白さは、聞いてみなくちゃ分からない。森繁さん、落合さんに「監督」と言いかけて、「監督と言ったらずっと監督だからね、オレにとっちゃ」。と言いながら時々「落合さん」と言っては「お前、どっちなんだよ」と突っ込まれ、「まあ、気分次第ですよ(笑)」。
 二人とも本当に楽しそうです。森繁さん、2階席や3階席にも手を振ったりして(笑)去年9月のときよりずっとリラックスムードです。
 ブランコたちドミニカンをDeNAに引っ張ったのは森繁じゃないかと言われてるとか、笑ってましたよ。もちろんそれは否定してましたけど。 
 
 さて、トークが進んでいくうちに、突然森繁さんが会場を指さして「木下君いるよね」。
 すると夢酒たちの席の何列か前で木下達生君が立ち上がって、会場のお客さんに深々とお辞儀をします。日本ハムから戦力外通告を受け、落合監督の配慮で育成選手としてドラゴンズに入ったものの、監督の退任とともにクビになってしまい、トライアウトも叶いませんでした。「オレたちのあおりを食って可哀想だったな」と落合さん。それでも大学へ入って人生をやり直す気満々のようです。会場のお客さんからも大きな拍手を送られ、木下君は何度も立って頭を下げていました。感動的でした。

 そんなこんなで2時間はあっという間に経ってしまいます。質問コーナーを飛ばして抽選会に行こうとする落合さんに、司会の中本さんがオロオロ(笑)。まあ、飛ばしてもよかったんですけどね。
 そして抽選会が始まるのですが、その前にサプライズです。「今日はクジを引く人間を替えます」と言って、落合さんが「おーい、カツ、カツー」。
 もうおわかりでしょうが、あの勝崎耕世さんが来てたんです。去年9月の講演で落合さんが「今度はもうひとり面白い奴を呼びます」と言っていた人です。そして次にユニフォームを着ることがあれば、森さんとともに必ず連れて行くという。その勝崎さんの手でくじ引きなんですが、今回も・・・。ダメじゃん、勝崎さん。
 この人のトークはすごく面白いらしいんですが、今回はくじ引き係だけでした。次回はぜひ勝崎さんを入れて、三つどもえのトークバトルを繰り広げて欲しいものです(笑)

 こうして楽しい時間は過ぎていきましたが、それにしても「落合遺産」を易々と、いや進んで放棄する恩知らず球団には、つくづくシンパシーが持てません。選手には悪いが、ドラゴンズへの気持ちは醒めていくばかり。どうしたらいいの?ワシ。この男たちが復帰すれば、たちどころに解決するんですけどね。  


 
ということで、お知らせでございます。

画像

 ワシ、もう確保しちゃったもんね。他力本願で(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年02月10日 22:54
おしっこのキレは悪くとも、記憶力・筆力は完璧やないっすか(^^)
あぁ~、そんな事言うてた言うてたと感心しております。
パノラマ席は、すんごく暑くて、風邪引いたんとちゃうカナって
思ってたんすよ^^; なので最初の所、少し飛んでました^^;

人とうまく接するには、相手のタイプを知らないとダメって
いいますけど、マスコミ関係者はそんな事、お構いなしって感じですね。
相手が嫌いだからってだけで、何を言ってもダメ、ポンと肩を叩いただけ
でもダメなんすからね。 困ったもんです。

落合さんと森繁和さんとのトークは、ほんま最高でしたね(^o^)
野球もトークも、いいコンビです。

9/13も確保って早っ。
今年はもう既に2回も行かれてるって事なんで、ぜひとも月1回を
目指して下さい(^o^)
2013年02月11日 00:17
おつかれさまでした。9月のは帰る途中に車止めて待機して例の作戦でほぼジャストにGETしましたよ。とんでもない席でまだ半年以上先のことなのにすでに緊張しています。今度は信子夫人あたりの登場サプライズとかないですかね(笑)。3月には朝日新聞さん主催のが名古屋であるようで、いちおう応募しときます。
夢酒
2013年02月11日 21:39
>りーにんさん
いやいや、これは実力の半分も出しとらんのですよ、ははは。(←謙遜のつもり)
書き出すとダラダラ長文になってしまうのが僕の悪い癖。おしっこのキレと一緒やんけワレ。
パノラマ席はそんなに暑かったんですかい。オラ1階で良かった(笑)
本文には書かなかったというか、書くの忘れたけど(汗)、野球殿堂入りの記者投票の話もしてましたねぇ。関東や関西からは票が入ったけど、中部からはゼロだったって。ホンマ腐っとるわ。
落合さんが今も名古屋にいるのは、それだけこの地を愛していてくれるということなのに。恩知らずどもめが!!(怒)
オレドラさんに教えてもらったので、3月の講演申し込みましたよ。4月は大坂春の陣じゃ(←無理)
夢酒
2013年02月11日 21:40
>オレドラさん
オツアリでした。(←最近覚えた)
さすがオレドラさん、素早いのう。とんでもない席ってどこだろ。ワシの席はまだ知らん(笑)
そういや総監督どうされてるのかな。元気な姿を見せて欲しいですな。
朝日新聞主催の講演会、ご教示ありがとうございました。早速メールで申し込みました。返信が来たので喜んで見たら、抽選で当たったら招待状を送りますだって。
sahokokko
2013年02月23日 07:49
広小路様こんにちは。

楽しく充実された時間を過ごされたようで何よりでしたね。
○繁を○○にですか。すばらしいです!(←妄想、当たってるかどうか?)
でも現フロントではどうか?生え抜きじゃないですからね。
昨年だったかと思いますがNumberの特集「対話術」(だったかな)、お読みになりましたか?
試合中の投手捕手の対話のみならず、若手をどう育成するかとか、試合やシーズンの流れの話だとか、谷繁さん、こんな境地に来ているのかととても感じ入りました。
24日深夜のSpoken!で谷繁さんのことをやるらしいです。「これを見れば谷繁選手のすべてが分かる」などと宣伝されていたので録画予約しちゃいました。
夢酒
2013年02月23日 22:28
>sahokokkoさん
当たっています。アナタの目に狂いはありません(笑)
会場でも拍手が湧きました。
まあ今の馬鹿フロントじゃ無理でしょうね。谷繁にしてみれば(たぶん耳に入ってるでしょうから)嬉しい「指名」だとは思いますが。
それと落合さんがドラゴンズの監督に復帰する可能性について、「あると思う人、手を挙げて」みたいな(笑)
「ないでしょ。現体制が変われば分からないけど」とは落合さん自身のお答えです。逆に言えば・・・・あとはお察し下さい。
Number記事は読みましたよ。スポケン情報有難うございました。久しぶりに現代日本へ帰って来ようかな(笑)