連隊長、クリスマスを待つ

「連隊長殿、昨日はどこに?」

「そんな昔のことは忘れた」

「ブログが開店休業状態ですが」

「すまない。心からお詫びする」

「おや、珍しく素直で」

「素直ではいかんのか? 」

「野球も終わりましたしね。ネタが尽きましたか」

「俺の店で野球の話はするな」

「会話が成り立ちませんけど」

「文句があるならクソ球団やボケ監督に言ってくれ。奴らには心底呆れ果てた」

「ブランコやソトやソーサまで流出する気配です」

「好きにすればいい。俺も好きなようにするだけだ」

「もうドラゴンズに興味はないと?」

「そう思ってくれて結構。人生にはもっと大切なことが山ほどある」

「はぁ、たとえば?」

「戦国時代とか、19世紀のお仏蘭西とか。言ったはずだ。当店はオサレで硬派なブログだ」

「で、今はどちらに?」

「おー、よう聞いてくれたのワレ。今はだな、大佛次郎氏の名著『パリ燃ゆ』を読んでおるのじゃワレ」

「なんで言葉遣いが変わるんですか。しかしまた、古い本を・・・」

「図書館で借りてきた。復刻版も出ているが、全巻揃えると諭吉が1枚飛んでいく」

「連隊長殿の財布も厳しそうですね」

「サンタさんがプレゼントしてくれんかのう」

「良い子にしていれば来てくれるかも知れませんよ。クリスマスと言えば、あの映画 が公開されますね」

「俺は良い子だ。予告動画で、ジャン・ヴァルジャンがリトル・コゼットに、『迎えに来たよ』と告げるシーンを見ただけで涙が出た。クリスマスの夜、モンフェルメイユの暗い森に神が降臨し給うたのだ。全編を通じて最も聖く感動的な場面だ。ああファンティーヌよ・・・」

「ファンティーヌ役のアン・ハサウェイさんは丸坊主になったりして、熱演みたいですね」

「アン・ハサウェイは目鼻立ちがくっきりしていてよろしいな。原作だとファンティーヌは、髪だけでなく歯まで売っちまうのだが、さすがに映画ではそこまでやれんだろう。『夢やぶれて』は、スーザン・ボイルが紅白で歌って有名になった。なおクライマックスとなる1832年6月のバリケード戦に関して言えば・・・」

「あの、批評やニワカ知識は、観てからということでお願いします」

「ホレ、前売り券も買ったし、原作もしっかり読み直した。準備は万端だ。♪闘う者の歌が聞こえるか 屍越えて拓け 明日のフラ~ンス♪」


画像



「すっかりその気になっちゃって・・・。それより連隊長殿は1000円で観られるのに、1300円の券買って奥さんに叱られたそうで」

「やかましいわ。聖パウロ修道会に寄付したと思えばええやんけワレ」

「なるほど。布池教会の前をフラフラ歩いてたら、レミゼのポスターが目にとまったんですね。分かります」

「あえてつけ加えれば、店のお姉さんがすこぶる美形だった」

「はぁ・・・」

「何かあるか? ユーゴー大先生も、ルイ・ボナパルトのクーデターの折、危ないところをかくまってくれた青年の細君がほれぼれするようないい女だったと書いておられる」

「格が違いすぎますよ。まあ、映画は楽しみですけど、ブログは今後どうされるおつもりで?」

「そんな先のことは分からない。まずは落合のトーク&ディナーに応募せねば」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年12月02日 22:00
大あんまきのお店のお姉さんもかわいくてね。ま、それにつられてご贔屓にしてるわけではないですけど。で、例の作戦はどうでしたか?うちは4秒ほどロスしましたが2月講演のリベンジは果たせました。
連隊長
2012年12月02日 23:40
>オレドラさん
すみません。作戦失敗しました(爆)
1分くらいで繋がったけど、痛恨の入力ミスを犯してパニック。直後カミさんの携帯が繋がって事なきを得ましたが、ロスが多すぎてねぇ・・・。まあ、とりあえず確保できたからいいかと。
大あんまきのお店、行きたいのう(笑)