夢酒、稲沢へ行く

アピタではありませんので、悪しからず・・・。

画像
なになに、桐野作人殿が講演されるとな?



この情報を察知した夢酒は、直ちに事務局へ電話するのであった。

「あーもしもし、ちとお尋ねしたき儀が」

「これはこれは夢酒殿(←この部分嘘)。20日の桐野殿によるお館様のシンポジウムの件でござろう」

「さよう。当日はいきなり参上仕ってもよろしゅうござるかの」

「当日OKでござるよ。午前11時からチケットを販売致すでござる。なお問い合わせが多うござるゆえ、早めのご来場をお勧め致すものでござる」

「相わかり申した。ご親切かたじけのうござる。ではでは、よろしくでござる」


こうして2月20日、夢酒は勇躍稲沢に向けて愛馬を走らせるのであった。


午前11時ジャスト到着。
画像
おー、これが稲沢市民会館であるか。えらくでけーのう。


画像
さっそくチケットを金5両(夢酒レート)で購入。



しかしよー、始まるまで2時間近くもあるやんけ。どうしたもんかのう・・・。

そうだ、あそこへ行ってこよっと。ワシって頭いい♪

思いつきで夢酒が向かった先は・・・。


画像


尾張大國霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)。通称「国府宮(こうのみや)」であった。

えらく混んでまして、道も大渋滞。長~い参道が臨時駐車場になっちょりました。

ここでは毎年旧暦正月13日に儺追神事、 つまり厄除け国府宮はだか祭が行われ、今年は2月15日に斎行されたばかりなのじゃ。(関連記事でござる→ http://22437959.at.webry.info/200802/article_7.html


画像
古い儺追布(なおいぎれ)はこちらに結んで納めるのじゃ。


画像
ドラゴンズの連覇と日本一、その他いろいろ祈願して新品を頂く。



ミッションをクリアした夢酒は、意気揚々と会場へ戻るのであった。

そして、いよいよシンポジウムが始まるのであるが、

画像



ここまででワシ、疲れちゃったので、以下次号ね。(すまぬ)

桐野さんは、大河ドラマ『江』については、ほんのちょっとだけ触れておられました。



これは、お館様生誕の地とされる勝幡城の想像図。

画像
しょばたじょう」と読むべし。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2011年02月22日 19:25
追いかける対象は丸きり違いますが・・・
取ってる行動は同じな気がします(笑)
夢酒
2011年02月22日 23:45
>ダンナ

反論できんのが悔しい・・・。
 
2011年02月23日 14:35
夢酒さま、裸男にはならぬのですか?(←イジメ?)
取っている行動に現グラさんも夢酒さまもブレがないので素晴らしいと思います(笑)
桐野殿は既に「江」には愛想を尽かした模様ですね。
チケットのイラストが・・・。。。
先日つくば駅構内で「桜田門外の変」というお土産を発見したのですが、やはりアニメ調のデザインで思いっきり力抜けました(笑)
夢酒
2011年02月23日 23:34
>ちあ吉殿
裸男、やってみたいのですが(ホントか?)
地域や町内のグループで参加する場合が多く、晒木綿の着付け(←これ大事。ユルいとえらいことになる)や食事、終わった後の風呂など、後方支援隊のお世話にならねばならんのです。夢酒の地域には、そういうのはありませんので(←言い訳)
常連の友人に混ぜてくれと頼めばいいんでしょうが、そいつもトシだからやめたらしい・・・。
現グラ殿と並んでお褒めのお言葉を頂けるとは光栄です(笑)
桐野殿は「江」について、いろいろ言いたいことをぐっと我慢しておられたようで(笑)
「馬揃え」を初めて正面から取り上げたのは評価できるが、実際にはあんなショボイものではなかった筈だということくらい。
水戸藩では「桜田門外の変」で盛り上がろうとしているんでしょうか。大いにやって欲しいが、ゆるキャラやアニメ調はお腹一杯ですわ。
2011年02月24日 23:26
稲沢も信長様で町おこし?ですかね

国府宮のはだか祭 実は去年初めて見に行きました。
雨が降っていましたが なおいぎれ 裸の男性からいっぱいおすそ分けいただき 職場のみなさんにも おすそ分けしました。
今年は行けなかったけど また行ってみたいお祭りです。
夢酒
2011年02月25日 14:59
>お柿殿
お館様の生誕地は従来那古野城説が有力だったのですが、最近の研究では勝幡城説にほぼ固まっておりますな。その根拠を愛妻士(←ワシのATOKは・・・)ではなく愛西市の学芸員・石田氏が分かりやすく説明されました。
勝幡城は稲沢市平和町(旧中島郡)と愛西市勝幡町(旧海部郡佐織町)にまたがっており、ちょっとややこしいです。町村合併のおかげで稲沢市がアピールに乗り出したと言えるかも。
お館様の父・信秀が拠点を清須城へ移すと勝幡城は廃城。江戸時代の河川改修で本丸は日光川に水没しちまったため、復元は難しいですな。
本日22時からBS朝日で「信長の城革命 天下布武への道」 ってのをやります。よろしかったらどうぞ。
国府宮のはだか祭り。昔は若い娘は外を出歩くなと言われたそうですぜ。