天下統一! 三武将SP

「信長vs秀吉vs家康…真のリーダーは誰か」
4日の夜、日テレ系でやってましたね。「超歴史ミステリー」とか謳って(笑)
待ってました、と言いたいところですが、この手のスペシャルものは、オラ期待せんことにしとるんだわ。
まずがっかりするもんな。
だいたい司会が爆笑問題で、ゲストに沢村一樹、津川雅彦、野村克也、友近、松村邦洋、それに宮崎哲弥センセイ。
・・・やはり真面目にやる気があるとは思えんな(笑)
とはいうものの、「全ての謎は本能寺に」なんてやられると、つい釣られてしまいます。悲しいサガだ。

結論から言うと、見る価値があったのは、昨年暮れに報じられた本能寺の堀や石垣の発掘くらいでしょうかね。
これは確かに新発見。見たところ間口4~5間の限られた場所で、ピンポイントで掘り当てるってのは、よほど事前調査して確証があったのでしょう。(これですね)
こいつは明日にでもカミさんに内緒で、デジカメ持って京都へ走ったろかしゃんと思ったら、とっくに埋め戻されて新築マンションの下に葬られちまったようです。切ないのう。マンションの人たち、どうかココロして住んで下さいまし。

で、あとは通説に従ってダラダラと歴史のおさらい。どさくさ紛れに、巷間偽書扱いされている前野文書を、秀吉の墨俣築城を裏付ける史料だと言い切ったのにはびっくりしました。また、関ヶ原で日和っていた小早川秀秋が、家康に発砲されてようやく参戦したって話は、後になって徳川方が流したデマっぽいですしね。ちなみにオラ、秀秋は大好きですよ。

評価できるのは小牧長久手の戦での家康に注目したことですが、なにしろ中途半端だったな。なんでここで服部半蔵が出てくるんだよ、というのは野暮だから、いずれワシが論考することとしよう。

結局BBSの放送から思いついて、今は安定政策の家康型がリーダーにふさわしいんじゃねーの、という空気へワケのわからんゲストや視聴者を強引に誘導する仕掛けで、突っ込みどころは山ほどあったけど、ほとんど忘れちゃった。

だけど日テレよ、小泉ごときを恐れ多くも信長に例えるのは許さん!!
そしたら野村監督が、
「信長は星野監督かな、と途中までは思ったけど、(星野には)戦略がないからねぇ・・・」(スタジオ爆笑)
さすがノムさん。つけ加えれば、誰がなんと言おうと、信長は落合監督です。


なんだしゃん、ひねくっとったら背景の色が変わってまったぞ???
ま、今年はこれで行こ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント